脇のニードル脱毛は忍耐勝負

ムダ毛について考える女性
私は、脇毛を脱毛クリニックでニードル脱毛しました。

ニードル脱毛というと、大変痛いという印象しかなかったので、一回目はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛にしようかとも迷ったのですが、結局脇毛だけは一本も生えてこないように永久脱毛にしたかったので、結局はニードル脱毛を選択しました。

また、本格的に脱毛が始まると、予想をはるかに超える苦しみだったのではじめの一回目からもう施術は受けたくないという状況に追い込まれましたが、前払いでお金は払っており、今さら他の脱毛法に変えるという事はできなかったのでとにもかくにも我慢して脱毛を続ける事にしました。

けれども、毎度針をさされるたびに、つま先に力を入れなければ我慢できないほどの苦痛が走るのでとにもかくにも辛く、痛く、実際に大変でした。

しかも、毎度脱毛をしてくれるサロンスタッフが変わっていたので、中には下手な人もおり、その人に当たった時は施術の時が現実にずーっと感じました。

けれども、そこまでしても最後までニードル脱毛に通い続けた結果、私の脇毛は永久脱毛され、現在では毛が一本たりとも生えてくる事はなくなりました。

いま思い出しても苦しみにゾッとする事がありますが、その一方で約一年間苦痛に耐え続けて現実に良かったと、現在では思っています。

ただし、その上他の部位であの痛さに耐えられるかというと、相当ではないのですが耐える事はできそうにないので、ニードル脱毛はこれっきりで終わりにしようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です